私の感激記録


by topaz2002
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

去る年2006年

うわー、結局舞台感想ひとことも書き終わらなかった……。

しぶとく2007年にまたがりつつも書き続けます。

さてさて、本年も色々な方に本当にお世話になりました。

出会った皆様、巡り会った皆様に大感謝。

インフルエンザの予防接種も受けたし、
来年もかかってきなさ~い!(何が!?)

皆様、来年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-31 23:55 | ご挨拶

宝塚 新人公演 2006

【月組】『暁のローマ』
(東京)

・主演星条さんが素晴らしかった。アサコさんでなく、轟さんの役というのも似合っていた気がする。

・おいしい役の明日海さんがおいしく演じていた。

・カエサルの愛人等を演じていた、新公の長、城咲さんがどこにいても目立っていた。

・脚本のまずさが、若さに救われていた。昇華された公演になっていたように感じた。


【花組】『ファントム』
(東京)

・とにかく、カルロッタ@初姫さんの独壇場。すごかった。

・華城さんは上手だけど、毎日観たいとは思わなかった。なんでだろ。

・望月さんは普通に新公だった。エリック役ってのがちょっと厳しかったかな~。


あ、私今年新公は2回か。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-31 00:38 | 観劇(宝塚)

宝塚 本公演 2006

【花組】 『落陽のパレルモ』 『ASIAN WINDS!』
(東京 初日、逸翁デー、千秋楽・ふづき美世サヨナラショーを含む計6回)

・久し振りに大劇場まで行かなかった花組作品。
待ちに待って観た初日はお芝居の甘さにびっくり。
強引なハッピーエンドにもびっくり。
友人の間で、ふーちゃんの役はまとぶんの役とくっついた方が幸せになれそうとの結論に落ち着く(色んな意味でね)。

・ショーは見事な昭和風味。
噂には聞いていて、親世代に大受けだろうと、母と伯母を連れて行ったら、予想通りの大受け。
カンカン娘をえらく気に入っていた。

・母との観劇後、母が真剣に「育った環境があまりに違う人はやめておいた方がいい」としみじみ言っていたことが印象的。

・生逸翁デーはすごかった。ファンなら一度経験しよう。

・千秋楽のカンカン娘の場面で、「これが、花組のあすかで~す!」と歌われていたのが泣けて仕方なかった。

・ふづき美世サヨナラショーが観られて嬉しかった。
ふーちゃん、大好きでした。
超頑張って楽屋口からのパレードも見送りました。


【雪組】『ベルサイユのばら-オスカル編-』
(大劇場 春野寿美礼さんアンドレ千秋楽のみ 1回
東京 安蘭けいさんアンドレ 1回、水夏希さんアンドレ 2回 計4回)

・初見はとにかくペガサスに度肝を抜かれた。客席で再起不能になるくらい笑ってしまった。
あの時、心配してくださったお隣の方、どうもありがとうございました。

・脚本はとんでもなくて、どうしようもないものだったけど、
キャスティングの妙は絶品でした。
同期のオスカル&アンドレ、水アラン、ジェローデル貴城等々絶品でした。

・再演する際は、ロザリーはオールカットでお願いします(ま、舞風さんは好きなのよ……)。

・不評の声を多々聞いたが、私はフィナーレが大好きだった。
ばらの紳士最高!


【星組】『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』
(東京 柚希礼音さんアンドレ 1回、立樹遙さんアンドレ千秋楽 1回 計2回)

・柚希さんのアンドレの大物振りに感動。やっぱり、トップを目指せる人ですな。

・安蘭さんのオスカルが女で超可愛かった。

・ワールドベースボールクラッシックで日本が優勝した日(3/21)、
友の会優先公演での終演後、わたるさんの呼びかけで、
舞台客席一体となって万歳三唱をしたのが非常に印象的。

・聡明そうでないアントワネット様が良かった。

・フェルゼンはなぜにパステルカラーのお洋服なの???


【宙組】『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』
(東京 1回)

・チケット難公演。やっとこさ2階の天井桟敷から1回観劇。

・プロローグとエピローグに出てくる主人公カップルの子供(孫だっけ???)と主人公の親友の子供は、物語上、片方を花總さんがやるなら、片方は大和さんがやればいいのに。
それか、二人ともまったく別の方が演じればよかったんでないの???

・和音さんの歌が印象的。

・相変わらず、貴羽さんを探して見つけては喜びました。

・本当に、トップコンビが辞めるのだろうかと、公演観劇中も考えてしまいました。


【花組】『ファントム』
(大劇場 初日を含む2回
東京 千秋楽を含む4回 計6回)

・ふーちゃんの退団で心に一区切りができたのだけど、友の会で当選し、初日を観劇。自分でも意外な程楽しんでしまった。

・フィナーレの桜乃さんの歌は初日から千秋楽まで……だった。

・色んなことを考えたこともあったけれど、春野寿美礼さんはすげーと思った。

・東京公演をヅカファンというわけではない友人と観たら、友人が予想以上に楽しんでくれて嬉しかった。


【月組】『暁のローマ』『レ・ビジュー・ブリアン』
(東京 千秋楽を含む2回)

・周りの散々な評判とは裏腹に、私は結構楽しめた。

・轟さんのカエサルは嵌り役だと思う。

・「違うんだよ~」と弁解するブルータス@アサコさんが好きだった。

・キムシン先生は、すごい、強い、エライ、愛。

・キムシン先生よ、語彙力の強化をお願いします。

・大きいわ~!大物よ~♪

・ショーは、とっても普通だった。

・ゆらさんの退団の千秋楽は切なかったね。今頃、どこかでマダムされているのかしら???
ゆらさんの替わりに千秋楽の進行役をした嘉月さんの切なそうな司会振りが印象的。


【星組】『愛するには短すぎる』『ネオ・ダンディズム!-男の美学-』
(東京 2回)

・お芝居、見事な作品。座付き作家はこうでなくっちゃ!

・ショーも正統派で見応えあり。久し振りにお芝居もショー両方とも文句なく楽しめた。

・不思議なで、上司の奥様とも観劇。初対面なのに宝塚話に花が咲き、宝塚の偉大さを実感。

・安蘭さんの実力を改めて実感。次期トップ、超期待。


【宙組】『維新回天・竜馬伝!-硬派・坂本竜馬III-』『ザ・クラシック-I LOVE CHOPIN-』
(大劇場 1回)

・かしげさん、るいさんコンビはなぜに退団していくんだろう。

・かしげさんのやる竜馬は非常に魅力的でした。

・和音さんの扱いが異様によくなってた。驚き。

・ショーは、何だかまとまりがない印象。

・るいさんが、終盤にショートパンツ!?姿で、娘役を引き連れて出てくるのが可愛かった。


【雪組】『堕天使の涙』『タランテラ!』
(東京 2回)

・お芝居は、一見よさそうだけど、考えれば考える程、作品内容のペラさが際立つ。
私達は演出家のの妄想を見せられているのか。

・やっぱり、このお芝居で退団の舞風さんは気の毒だと思った。

・そういえば、景子先生の『シニョール ドン・ファン』もヒロイン微妙だったね、そういえば。

・ショーは、オギー先生、何かあったのでしょうか。期待し過ぎたせいか、私にはあんまりな印象。

・ショーの切り込みの入った緑の不思議なズボン!?と、しそうでしないラインダンス。ちょっと消化不良かも。



はー。今年も楽しかったよ、宝塚。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-30 21:00 | 観劇(宝塚)

私は掃除が苦手です。

昨日から正月休みを迎え、
のんびりと掃除をしたり、
買い出しに行ったりしながら過ごしています。

昨日、やっとテレビも思い通りに機能し始めました。
フフフフ~♪ついにアレに入っちゃったのよ。
ヅカファンの皆さんアレですよー。

さて、今年一年も色んなことがありました。

このブログに綴ったこと、
あえて綴ってないこと、
綴れなかったこと……。

今年もたくさん観劇して本読んで、
映画観て、レポ書いて……ってあんまり書けてないいじゃん!

そんなわけで、
結局大掃除もままならない私ですが、
これから、一年を振り返って観劇ひとことメモをアップさせます。
今年を締めます!
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-30 20:33 | 日々

仕事納め

今日は待ちに待った仕事納めの日でした。

ふぅ、やっと休める。

もう、本当に疲れたよ。

そして、また背中の膿が再発。
慌てて病院に駆け込んだならば、
ついに手術をすすめられてしまいました。

今回は薬で誤魔化すとして。
でも、いつまでも薬飲み続けるリスクも怖いし、
それならば切るか……。

ちなみに、やっぱりこの膿は努力で防げるものでないそう。
がっかり。本当にどうしたらよいんだか。


その後、とある方とちょっとお酒を飲んでから帰宅。
ふぅ。今年もお疲れ様でした。


あ、そうそう、そういえばの宝塚ネタですが、
花組の『黒蜥蜴』の黒蜥蜴役が、
おささんでなくてがっかり。
せめてものまとぶんでもなくてしょんぼり。

密やかに大劇場初日に行っちゃおうかと息巻いていた気持ちナエナエのところに、
追い討ちをかけるようにまさかの華城季帆ちゃん集合日付退団。

正直、ものすごく大好きって程ではなかったけど、
実力は認めておりまして、
先日の『MIND TRAVELLER』のまとぶんとのコンビは最高にお似合いだったと……。

何があったのかなー。


後、ボーナスはたいて、
以前から欲しかったテレビを一昨日買ったのですが、
業者さんの不手際(いいよね、この際はっきり言わせて!)により、
願っていた使い方ができてないのです。
このことで少し苛立っている深夜です。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-29 02:05 | 日々宝塚

明石家サンタ

今、明石家サンタ観てます。

やっぱ、イヴはこれだよねー!

今日は、ゴッホのひまわり観て、
最初で最後の『MA』を帝劇で観劇してきました。

レポは書けたらかな……。

ショートな感想として。


マリーとアクセル(フェルセン)は同い年なんだよねー。
そうだよねー???やっぱり、現実は厳しくないか???

牢獄のキスシーンはドキドキした。
でも、このドキドキは、アンナとヴロンスキーの時のドキドキと一緒だった。

凱旋公演は、違う気持ちで観られそうだけど。
でも、観るかどうかはわかんないけど。

ちなみにルイ16世はマリーの一つ上よね???


マルグリット新妻さんは、殻を破ったね~!!!
この状態で『マドモアゼル・モーツァルト』観たかった。

おぉ、新妻×宮本コンビは、『マドモアゼル・モーツァルト』コンビねー。

で、カリオストロに落ちはないの。


で、オスカルとアンドレはいつ出てくるの???
↑明らかに何かの観過ぎ、読み過ぎです。



さあ、明石家サンタに戻ろう。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-25 01:53 | TV

師走の空に

最近の私は忙しいです、本当に。

あまり家で夕食をとれない位働いております。

仕事に精を出してます。
今日は、その結果がいい風に現れて、
うふふふ~♪契約が一つまとまりました。

この冬は久し振りのボーナスもいただいたことだし
(正社員の醍醐味よね、やっぱり♪)、
ちょっと仕事を飛ばしてみようと思います。
必要に応じて残業代も稼いじゃうわよー。


そうこうしているうちに、
もう宝塚は来年の後半の公演予定を発表。

一番、ときめいたのは、
きりやんのバウ(青年館)だ。
絶対観るぞ!
石田先生が司馬遼太郎作品よ。
ときめかずにいられようか、いやいられまい。

おささんの光源氏も楽しみ。

でだ、おささんの来年のイヴはさみしい予感ととらえていいのかしら?
まぁ、覚悟はしておこう。


そして今日はちょっとした懸賞にも当選しちゃった。

少々風邪気味だけど、あぁ、今日はよい日。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-16 01:19 | 日々

忙しい

最近、仕事が忙しいです。

忙しいという字は、
心を亡くすと書きますね。

今、まさにそんな感じです。

あぁ。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-07 01:17 | 日々

宝塚納め

昨夜のおめでたい席の興奮(と、正直疲労)覚めやらぬ中、
えいやっと気合で、日本青年館へ。

花組公演を観劇して、
めでたく今年の宝塚納めをして参りました。
今年は例年に比べ観劇回数は減ったな。
何しろ、失業しちゃったからね。

今日観劇した作品自体は、
先日の宝塚&京都旅行の途中大阪に立ち寄って観劇してきたので、
2度目だったのだけどね。

あぁ、京都旅行関連のレポなんて、
1日も書けてないし。
もう師走だし。

はぁ~。

それにしても疲れたよー。

もう寝ますー。
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-04 00:57 | 観劇(宝塚)

病報告

背中の膿の件ですが……。

一昨日、膿が破裂(!?)し、腫れが引きました。
まだ完治とはいきませんが、
激痛に襲われることもなく、
穏やかな日々が戻ってまいりました。

こちらで励ましてくださった方々、
個人的に連絡をくださった方々、
本当にどうもありがとうございました。

完治まで気を抜かず、
私は闘いますよー!
[PR]
by topaz2002 | 2006-12-03 02:35 | ご挨拶