私の感激記録


by topaz2002
カレンダー

<   2006年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

W杯日本代表よ、お疲れ様……。

傷心を抱えた(!?)、私は旅立ちます!

ということで、後ろめたさと、傷心の気持ちを引きずりながら、
行ってきました夢の宝塚観劇旅行♪

本日の観劇は、花組『ファントム』初日@大劇場公演


今回の旅行は、
大好きな新幹線移動。

今回は、完徹での旅立ちだったので、
眠るなら新幹線!

しかし、小心者の私は、
すぐに眠れたものの、
起きたら、終点岡山だったらどうしよう……。
という邪念に邪魔され、
名古屋前で起きてしまい、
その後、新大阪まで眠れませんでした。

ちょっと眠かったけど、
無事に宝塚大劇場に到着。

開演前には、
演出家の中村一徳先生にサインをいただき、
気持ちを高まった頃、
花組『ファントム』の初日の幕は上がりました。


あらやだ、私、泣いちゃいましたよ!号泣よ。
感動しちゃいましたわよ。

実は、宙組の『ファントム』を観劇した時、
物語に好感が持てず、涙も出ず、
花組で再演が決まった際も、
全然ときめかず。
しかも、お気に入りだった花組娘役トップふづき美世さんは退団
(でも、ふーちゃんにクリスティーヌを演じて欲しいなんてことは、
思っていないです、はい。
そして、正直、新娘役トップ桜乃さんはちと苦手……。)

要するに、ふーちゃんのサヨナラショーを観たことにより、
心に一区切りできてしまっていたのでした。


なら、何で初日に来たのさ!って感じだけど、
友の会で当たったから来ました。
雪組バウホール公演のついでで来ましたというのが本音。


しかしね、これが素敵だったの。

私が歳を重ねた証拠なのかな。

宙組で観劇した時、
ひっかかった若い頃のキャリエール。
当時は、ただただ赦せない!って思っていたけど、
今なら、理解はできるかなって感じなのです。

おささんは、「怪人」にしては、
キレイ過ぎるけど、まぁありなのかな。
歌声は相変わらずお美しく安定されてました。

心配だった彩音さんは、
歌は時々「うっ、歌姫!?」となるところもあったけれど、
全体的に健闘していたと思われ。
ヴジュアルは、想像以上に花總さん似で、何より華やかでした。

彩吹さんの歌も相変わらずキレイだし、
真飛さんの青年も美青年でよかった。

専科の出雲さんもさすがの歌声でガンガン歌ってて頼もしいし、
この度、出雲さんの旦那様役をしてる組長さんも素敵。


とにかく、予想以上に素敵な舞台を観ることができた私は、
とても幸せな気分で大劇場を後にしたのでした。

大劇場からの帰りに、
先日寄って気に入ってしまった、
スパに寄り、人生初の岩盤浴を堪能。
汗が出た!出た!痩せないかしら!

お肌もツゥルツゥルになり、
ご機嫌で宿に着いて私のこの日は終わったのでした。

余談・この日の宿は、ネットでテキトーに予約したら、
ラブホ&風俗街隣接でした。
駅近で夜道は明るくてよかったのだけど、
驚いた~!!!!!
でも、まぁお部屋には問題なし。
また、泊まるかも。


『ファントム』
脚本・アーサー・コピット
作詞・作曲・モーリー・イェストン
潤色・演出・中村一徳
翻訳・青鹿宏二
宝塚歌劇団 花組
春野寿美礼 桜乃彩音 他

宝塚大劇場
6/23(金) 15時 初日

[PR]
by topaz2002 | 2006-06-30 23:53 | 観劇(宝塚)

星組次期トップスター!

安蘭けいさんが、
星組次期トップスターに内定したそうです!

公式HPで発表されました。

これは夢でないんだね。

あぁ、とっても嬉しいよ。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-30 00:53 | 日々宝塚
今日は、昨日日本テレビで放送された、
『ザ!世界仰天ニュース緊急特別版 落ちた偶像 光クラブ事件』を観た。

ライブドア前社長、ホリエモンこと堀江貴文氏が逮捕された時、
昭和のライブドア事件とか騒がれ、
かなり話題になった時に私自身はこの事件を知った。

それから、3月まで通っていた批評塾の課題で、
この事件については触れる文章を書いたことがあり、
その際に事件についてちょこっと調べたことがあったので、
非常に興味深く見た。

戦後の混乱期、価値観の狂った世間に登場した、
山崎という時代の寵児の一青年の静かで激しい短い生涯。
切なくて哀しい物語でしたな。

批評塾の課題を書く際に調べて知ったことだけど、
この山崎は、戦時中の軍隊生活をしていた時、
友人を上官の私的制裁によって亡くしてしまっていたそうで。
でも、その事実は隠蔽されて、
しかも自分自身その隠蔽工作に関わるざるを得なくて……。

ドラマには描かれてなかったけど、
この事実が頭にあったせいか、
私はこのドラマが哀しくて仕方なかった。

迎えた戦後。
ほとんどの人がそうだったと思うけど、
山崎自身の価値観が狂ってしまうのは仕方ないような。
そして、山崎は、幸か不幸か光クラブを起業する実力があった。
彼の最期は、起業した時点で約束された結末だったのかな。

せめて、初めて本気で愛した女性秘書に裏切られなかったら……。

悪ぶってるけど、極悪人になりきれない、
ナイーブな青年山崎を、
萩原聖人は上手に演じていたな。

最近、観なかったけど、
彼も素敵な俳優だなと再認識!

久々に面白いドラマを観ました。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-29 23:52 | TV

我が家代表帰国

先程、うちの兄がドイツより帰国。

日に焼けて、痩せて帰ってきました!

羨ましー!

W杯ダイエットかよ!

ドイツ滞在中は、
1日3時間位しか眠らないで、
ひたすらサッカー三昧だった模様。

ちなみに、日本対ブラジルの試合で、
ロナウジーニョ選手がコーナーキックした時、
中継に映っていた(多分)らしいです。

録画していた方、チェキラ!

私は、今日は本当にゴロンゴロン過ごしてしまった。

いいわけありません、猛省。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-28 23:54 | 日々
今日は、以前から観たかった映画、
『明日の記憶』をやっと観てきました。

もう、公開初日から1ヶ月以上も過ぎているので、
うちの最寄の映画館(シネコン)では1日1回の上映。
でも、今日はレディースデイでもないし、
映画館はガラガラだろうなって思っていたら、
結構な入り状態でびっくり。

客層は、私の親世代が多かったな、やっぱり。

いやー、泣いちゃいましたよ。

原作は小説だし、
随分、マスコミ等で紹介された作品なので、
内容は何となくご存知の方が多いかと思いますが、
簡単に説明すると、
渡辺謙さん演じる主人公が、
若年性アルツハイマー病に侵されてしまって……。

謙さんの役は、
広告代理店の部長で、
数人の部下を抱えて、
大きな仕事も得られて、
一人娘の結婚も決まって(しかも娘は妊娠中!)……。

まさに人生円熟期。

しかし、病はこの日常をも侵していくのですよ。


私はバリバリの独女で、
特に決まった相手もいない状態。
要はその辺まっさらなのですが、
結婚するとか、
特別な付き合いをするとかいうことを考えてしまいました。

そこで、思い出すのは、
『星の王子さま』なんだよな。


「めんどうをみたあいてには、いつまでも責任があるんだ。」


『星の王子さま』
サン=テグジュペリ作
内容濯訳 より

※ちなみにこの「めんどうをみた」という部分が、
訳者によってかなり違います。
この辺、ハマリます、『星の王子さま』。


簡単に「好きだ」なんて言えないわ(私的なことね)。


さて、映画のお話に戻しますと、
この作品、謙さんの部下役で、
愛しの袴田吉彦さんが出演されてました。

やっぱり、好きだ彼の演技、声、容姿。
謙さんをすごく慕ってる部下の役だったけど、
彼なら、田辺誠一さんが演じていた、
謙さんを陥れる部下の役でも観てみたいような。

後、矢名たかしじゃなくて、
及川光博さん演じる医師も良かったな。
クールなんだけど、
でも優しいお医者様って感じがとっても出てた。

現状、若年性アルツハイマー病を治すことはできないけれど、
進行を遅らせることはできる、
自分にはできることがある!
みたいなことをいうところは、
ブラック・ジャック様のようだったよ。


それにしても、
予想以上に泣いてしまった。


以下、ネタバレになってしまうが、


謙さんが、
部下とブッフェスタイルのレストランに入って、
謙さんが料理を取り終えて、
部下達を探すのだけど、
部下達が見つからなくてパニック状態に陥っちゃった場面、
謙さんも「えっ!」って声を上げていたけど、
私も「えっ!」って声を上げちゃったよ。
何だか、謙さんがとっても不安なのがすごく伝わってきて、
物凄く悲しくなった。


一番泣けたのは、謙さんと部下との別れの場面。
形だけ在籍した部署で、
形だけ見送ってもらって会社から出た後に、
全員で走って追いかけてきたかつての部下全員
(厳密に言うと、田辺誠一さん演じる部下は遠目で見守っていただけだけど)。

うぅ、この場面は、
映画館内すすり泣く声でいっぱいでした。


あぁ、今日は素敵な作品に出会えました。

おすすめの作品です。

『明日の記憶』
監督・堤幸彦
原作・荻原浩
脚本・砂本量 三浦有為子

渡辺謙 樋口可南子
吹石一恵 及川光博 香川照之 渡辺えり子 大滝秀治 他
2006年 日本

[PR]
by topaz2002 | 2006-06-27 23:51 | 映画
今日は、チケットに縁ができたので、
帝国劇場にて『ミー&マイガール』を観劇して参りました。

私個人的に初見だったけど、この公演自体は千秋楽。
盛り上がりましたよ~。

『ミー&マイガール』は、
宝塚版(天海祐希ビル&麻乃佳世サリー)の映像や、
3年前の唐沢寿明ビル&木村佳乃サリーを観たことがあるので、
お話は知っていたのだけど、
最後のベタベタのハッピーエンドが嬉しくて泣いてしまった。

よかったね、ビル&サリー。


詳細レポは後日。

その後、漢方薬を処方していただいているクリニックへ。
今日はいつもとは違った薬を処方されました。

からっと元気になれたらいいのにな。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-26 23:53 | 観劇(色々)

彩の国DAYS

昨日深夜、無事に旅から帰ってきました。

後ろめたかったけど、
旅に出たら超楽しんでしまいました。

そんなもんです。

レポはそのうち書けたら。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-26 01:47 | 日々
W杯、残念だったね。

私、男の人に泣かれると弱いんだよね。

日テレつけたら、
サッカー解説の中西さんまで泣いちゃっててさ。

こんな時は「泣かないで」なんて言えないんだけど。


さて、そろそろ、
私は旅立ちます。

穏やかに癒される旅行になりますように。

行って来ます。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-23 06:36 | TV
起きてるぜ!

W杯、日本対ブラジル戦が始まるわ!

うおー、中田英選手、存在自体が格好いい。

あぁ、私は嫁がいようと、子がいようと、
フェイスガードつけてようと、
私は数年来のツネ様派だったのにね。


客席のうちの兄チェックも忘れず観戦よ。

あぁ、本当に始まる!
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-23 03:57 | TV
最近、また体調が悪い。

天候のせいもあるかもしれないし(6月は低血圧人には最悪なのです)、
後ろめたさによるストレスかなとも思う。

後ろめたい原因を解決させればいいのだけど。
わかってはいるのだけど。

少々、過呼吸の症状が出てきた。

よろしくないねー。
運動不足もよくないんだよね。


さて、明日から旅に出ます。
久し振りに兵庫県の宝塚へ観劇旅行。

うーん、でも、これが後ろめたい原因の一部なのよね。
私、旅行なんてしてる場合でないでしょう……なんて。
この感情が息苦しくさせてるね、確実に。

もっと明るく元気にこういう季節を過ごせたらいいのだけど。

さてさて、私は今夜は寝ません。
このまま、起きていてW杯観戦します。

そして、そのまま旅に出ます。
新幹線は爆睡間違いなしでしょう。


お、今、ガーナが、決勝リーグ進出を決めましたわ!

秘かに応援していたアンゴラは、
予選敗退が決まってしまったから、
これからはガーナよ!ガーナ!

そして、今宵のサムライ・ブルー2006の皆様、
どうか、悔いない試合を!
期待しております。
そして、うちの兄、全世界テレビ中継に映らないかしら???

そういや、アンゴラ、
「アンドレ」って名前の選手がいたのよね。
♪あーい それは……
これも注目の一因でした。


あぁ、今夜は眠れない。
[PR]
by topaz2002 | 2006-06-23 01:11 | 日々