私の感激記録


by topaz2002
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

全部観たわさ『ふたりっ子』

そういうわけです。

本当にいいもの観させていただきました。
泣いたり、笑ったり、
考えたり、悩んだり(!?)しながら、
幸せな時間を過ごしながら、
1話1話本当に楽しく観ました。

感想は徐々に書いていこうかと…。

今夜は私が涙した場面をざざっと記しておきます。
一応、時系列順で……。

①森山さんが急に子供の頃を思い出したのか、
方言を交えて父親をなじるところ。


何だか、森山さんの少年時代の孤独感が伝わってくるような感じがした。


②香子と森山さんが揃って、
米原先生夫妻に結婚の許しを請うところ。
香子が、米原夫妻のことを、
森山さんのお父さん、お母さんだと言うところ。


森山さんは本当に孤独だったんだなと感じたのと、
香子は森山さんの家族になろうとしているんだなと感じて。


③雨宮が香子に負けて4段に昇段できずに帰宅した際の雨宮の妻との会話。

涙をこらえて労いの言葉をかける雨宮の妻の姿が何とも……。


④香子が妊娠中毒症を森山さんに隠しておいたことを責められるところ。

これは、私が次の展開を知っているから涙の場面になってしまったのだと思う。
私はこの時の責められた香子の行動は理解できる気がする……。


⑤香子が森山さんに離婚を切り出すところ。

森山さんと暮らし続けたら、また森山さんの子供が欲しくなってしまう……。今回、ここが一番泣けたかも……。
こうして、思い出すだけでも涙が……。


大まかに書くとこんな感じです。
もっと細かく書くと色々あるのですが…。


涙すると思っていたのに、
涙できなかった場面がありましたというのがありました。

それは、香子が流産してしまって、
駆けつけた森山さんにベッドに寝ながら謝るところ
です。

これは、私が持っている(いけてない)DVD版総集編に収録されている為、
こちらで観過ぎて泣き過ぎたせいかと……。


あー、やっぱり『ふたりっ子』は名作だ。
完全DVD、本当にお願いします…。

[PR]
by topaz2002 | 2005-07-10 23:59 | 日々