私の感激記録


by topaz2002
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

私の夏休み

歌舞伎歌舞伎歌舞伎
宝塚
パワースポット
タッキー
美容院(多分)


今日より、私の夏休みが始まりまして。

上記が私の予定でございまして。

本日、早速、新橋演舞場にて、歌舞伎を観劇して参りました。

本日は、二部、三部を続けて観劇。

今だ、歌舞伎の客入れ時間の短さや、幕間の配分に慣れず、何だか随分と疲れました。

そもそも、二部、三部を通すと、ただでさえ、14:20〜21:45(確か)までという、長丁場なんだけど。

本日の演目は、
二部
『暗闇の丑松』
『京鹿子娘道成寺』
三部
『東海道四谷怪談』


『暗闇の丑松』は、橋之助さんの凛々しさにうっとりー。
役柄はとんでもないことしまくりの男なんだけど。殺し過ぎじゃー。
獅童さんの登場&格好にもびっくりしたわー。


『京鹿子娘道成寺』は、先日の『滝沢歌舞伎』第一幕で、滝沢さんが演じてられましたな。
坊主が、「聞いたかー、聞いたかー」って、登場し、美しい娘の舞に繋がるあれです。
福助さんの所作がキレイで、これまたうっとりー。
たっ滝沢さんは、これからも、滝沢さんらしく、輝いてね……。
「聞いたかー、聞いたかー」の坊主を見ながら、「河合くんは元気かなぁ?」とか考えたことは内緒です。

最後にどんっと出て来て、場をさらう海老様の存在感もすごかったわ☆

あ、手ぬぐい欲しかったなぁ。


『東海道四谷怪談』は、実はあんまりよくわかってなかった、あのお岩さんのお話。
まあ、ひどい奴がたくさん出て来る話で、そりゃ、お岩さん、化けて出るわ。
妙に納得。
この演目は、勘太郎さんが、お岩さん役を始め、三役こなし、女役、男役に大活躍。
素晴らしかったですわ。
弟の七之助さんの姉になったり、旦那になったりなんていうのも観られて、楽しめました。兄弟でラブラブなシーンを見事に演じられてました。
そして、いい男が演じないと、全く説得力に欠けてしまう、お岩さんの旦那、伊右衛門役の海老蔵さん、これまた、いい男なのよねー。役は、ものすごくひどい奴なんだけど。
海老蔵さんは、テレビで観ると、何となく濃過ぎるし、余計なお世話ながら、少年の心、持ち過ぎじゃね?とか思わずにはいられないのだけど(私、海老蔵さんと同い年だから、尚更、そんな風に思うんだと思う)、劇場で観ると、ものすごく映えるというか、劇場にぴったりの輝きを放つんだよね。三階席の一番後ろまで届くような。
すごいよなー。
こういうの、努力しても手に入るものでないと思うし。

物語の演出自体も凝っていて、ホラー嫌いな某マイミク様は、絶対に苦手だろうな……。

こうして、夏休み一日目は、大充実で終えられそうです。

明日は、訪欧凱旋公演『義経千本桜』と、宝塚雪組初日です。

明日も大充実の一日になるといいな。
[PR]
by topaz2002 | 2010-08-12 23:15 | 観劇(色々)